AIM SERVICES 専門職中途採用サイト

VOICE

直井博子さん

2005年入社 / 管理栄養士 HSS北関東事業部 事業部長(前職)

現場経験があるからこそ、
少し先の未来を創っていける

与えられるだけでなく、能動的に動きたい

エームサービスに転職したのは、40代前半のこと。それまでは病院や施設の管理栄養士として、現場でずっと働いてきました。でも、そのポジションでは、与えられた役割をまっとうするだけ。もっと多くの施設を見て、自分なりに最適なやり方を工夫しながら、能動的に“食”の仕事がしたいと考えていたんです。

転職して、望みどおりさまざまな現場を経験しました。いくつかの事業所で責任者をしたり、新しくオープンする大学病院で給食部門の開設を受け持ったり……企画や研究に携わるIDSセンターに勤務したこともあります。現場の悩みや空気感がわかっていることも、それぞれの仕事に大きく役立ちました。どのチームでも、栄養士や調理師などのメンバーが専門スキルを持ち寄って仕事をする空気が、本当に楽しかったですね。いまは、病院や介護施設の給食を提供するHSS事業本部で、北関東エリア担当の事業部長をしています。

多くの人との出会いが、引き出しを増やす

特定の施設で働いていると、当たり前ですが、特定の人としかふれあえません。エームサービスでは、事業所が違えば転職したのと同じくらいに環境が変わるため、バラエティ豊かな人々と働けるのです。

その経験は、仕事のこまかな場面で効いてきます。たとえば新しい献立を考えるときに「前例がないからだめ」「この施設では難しい」という固定観念を抜け出て、「あそこにあったこんなメニューを応用しよう」などと、柔軟な対応ができるようになる。インプットにもアウトプットにも、多くの機会を用意しているのが当社のいいところです。

これからも、スタッフ一人ひとりが伸びる場所を

栄養士として最前線で働くのと、環境を整えるための運営側に回るのとでは、実現できることのサイズ感が変わります。現場では、目の前で起こる出来事にひとつずつ対応していくのがほとんど。もちろんそれも大切だし、とてもやりがいがある仕事です。でも、そんな経験を多く積んできたからこそ、いまはもう少し先の将来を見据えて、組織を動かしていくポジションをいただいています。

エームサービスは、やる気があれば通じる会社です。転職してきたときの私みたいに、さまざまなことをやりたいと思っているなら、多くの経験ができるように。ひとつの場所でじっくり仕事をしたい子には、そんな現場を。スタッフそれぞれの適性を見ながら、一人ひとりが成長できるような環境を、私たちがつくっていきます。いま、納得のいく仕事ができずに力を蓄え続けている人がいるなら、ぜひ当社に来てほしいですね。

松岡未希子
管理栄養士
佐々木啓
調理師