RECRUITING SITE

ENTRY

My Family

社員紹介

Maho Suzuki

voice02

鈴木真帆

2015年入社 HSS事業本部 主任

立場や事業所を越えて、助け合う。
心強いサポートがあるから、今日も頑張れる。

栄養士を目指したきっかけは、スポーツ栄養が面白そうだったから。でも、アスリート食は、ケガや体調不良を予防し、トレーニング効果を最大限に高めるための食事で、その考え方を学んでいるうちに、より体づくりの基礎となる病院食に興味がわいてきたんです。病院や福祉施設にいらっしゃる方は、病状に合わせて食事が決まっていますよね。だからこそ、おいしくて笑顔になれる食事をつくらなければならない。まずは基礎をみっちり勉強してからと思うようになり、医療や介護の現場もあり、将来的にはスポーツ栄養にも関われる可能性があるエームサービスに入社しました。

新しくオープンする施設で、主任に抜擢!

大きなメディカル医療センターの事業所を経て、入社3年目の冬に、新規の特別養護老人ホームのオープニングスタッフとして主任を務めることになりました。最初は私と支配人の2人きり。何をどう進めていけばいいのかもわからない手探りの状態だったけれど、地区支配人や近くの施設の先輩方がいろいろ教えてくれて、なんとかオープン準備を進めました。

周りのスタッフも忙しいので、質問するのもつい気が引けてしまいますよね。でも、エームサービスのスタッフはみんなすごく優しい。「ちゃんと質問してね」と言ってくれたり、その場にいないときは「困ってることはない?」と電話をくれたりするんです。

利用者さんの立場に立って、おいしい介護食をつくる

福祉施設では、減塩食や糖尿病食などの治療食が欠かせません。塩分控えめでもおいしいものをつくるには、どうしたらいいか。しっかりと出汁をとったり、香辛料を利かせてみたり…自分の工夫次第で、お料理の仕上がりががらっと変わるんです。知識を活かして利用者さんに喜んでもらえると、頑張ってよかったなぁと思いますね。

いまは後輩も入ってきて、今度は私が教える番。先輩や上司にしてもらったように「困ってることはない?」なんて声をかけたりしています。後輩のできることが増えて、どんどん頼れる存在になっていくことが、自分のことのように嬉しいです。