エームサービス株式会社

  • お問い合わせ
  • English
  • 検索

ニュース

農林水産省による官民協働「Let's!和ごはんプロジェクト」に参加しました。

2018年09月25日


当社は、農林水産省による官民協働プロジェクト「Let's!和ごはんプロジェクト」への参加を表明いたしました。

 「Let's!和ごはんプロジェクト」とは、将来の食嗜好の骨格となる味覚が形成される子どものうちに和食の味や食べ方の体験の機会の増加を促し、和食文化の保護・継承につなげていくためのプロジェクトです。食品製造業者、流通業者、中食・外食業者のみならず、レシピや調理家電など食にかかわる事業者と行政とが一体となって、和食につながりを持つ関係者が官民協働で、子どもたちや忙しい子育て世代に、身近・手軽に健康的な「和ごはん」を食べる機会を増やしてもらうための取組を推進しています。

 本プロジェクトの目的を達成するために、当社は "「食」から日本の未来を支えます。" のスローガンのもと、日本の四季・年中行事・郷土に根付いた和食の味や知恵を、社員食堂をはじめとする受託運営施設から
お客さまに伝えてまいります。

<具体的な取り組み>

1.11月「和食月間」「和食の日」に、受託運営する社員食堂、職員食堂などで和食を提供する。

2.毎月19日「食育の日」に行っている食育活動のなかで、旬の食材にスポットを当て、その食材を使った
  メニューや食材・切り方や手軽な調理方法などの情報を提供する。

3.日本の各地域と連携し、その地域で受け継がれてきた料理や食材を食育につなげる情報とともに提供し、
  子育て世代に伝えていくことで将来に向けた和食文化の継承につなげる。

4.和食文化会議の賛助会員として、同団体が推進する「五節供プロジェクト」に参加。受託運営する
  社員食堂、職員食堂などで各節供にあわせてメニューや情報を提供する。


和ごはん小.png











(参考)
「Let's!和ごはんプロジェクト」
公式HP http://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/culture/wagohan_project.html

「一般社団法人和食文化国民会議」 
「和食-日本食の伝統的な食文化」のユネスコ無形文化遺産登録申請を契機に、和食文化を次世代へ継承する
ため、その価値を国民全体で共有する活動を展開しています。

公式HP http://washokujapan.jp/

本件に関する問い合わせ先

  • エームサービス株式会社
  • 企画業務部
  • 広報室長 早川 聡
  • 電話:03-6234-7522
  • お問い合わせはこちら