まるで
異業種転職
社内で経験

馬場 茂
運営管理センター
東日本運営支援室
(取材時の部署となります。)

初めて入った厨房で見た異世界。
当時の感動が、今の自分の原点

中学生のとき、親戚に連れられて給食会社の厨房を見学する機会がありました。今思えば、そこが自分のキャリアのスタート地点になっているのだと思います。銀色で統一された部屋に巨大な調理器具がズラリと並び、まるで宇宙船の中に入ったような、そんな現実味のなさを感じたことを、今でもはっきりと覚えています。そこから給食業界に興味を持つようになり、エームサービスにも新卒で入社しました。

想像を超える世界。
すべての経験が今に活かせるスキルになる

入社後最初に配属されたのは来客人数5,000名を誇る、エームサービスの中でも屈指の規模を持った社員食堂でした。このクラスになってくると、通常の調理の概念は通用しません。醤油は大さじ一杯ではなく一升、砂糖は少々ではなく5kg、そんな非日常な空間で、和洋中ありとあらゆるジャンルの調理にチャレンジしました。その後も、調理はもちろん、新規店舗の開発や、スタッフの教育担当、世界的なスポーツイベントでの海外勤務など、ありとあらゆる業態・職種の仕事を経験させてもらいました。

業種も職種もひとつではない。
自分の“やりたい”をとことん突き詰められる

調理という枠組みに囚われることなく、自分が望むままにチャレンジができる環境がエームサービスならではの魅力です。特に、野球場の新規開設の際にプロダクションチーフとして味わった経験は、今でも強く印象に残っています。球場という過去に前例のない職場で、数万人規模のお客様に向けて、何をつくるのか、どうやって料理を提供するのか、一からシステムを構築しなければならず、まさに挑戦の連続でした。またアメリカにある日本企業で日本食を提供した経験も思い出深いですね。現地の方の味覚に合わせて、味噌とマヨネーズをブレンドするなど、自分が持つ調理の幅をより一層拡げることができたように思います。エームサービスであれば、ひとつの道を究めるスペシャリストになることもできれば、すべてをこなせるジェネラリストになることもできます。ありとあらゆる選択肢がある中で、今自分が最も“やりたい”と思えることに、全力で取り組んでいくことができるのです。その姿はまさに、社内での異業種転職と言えるかもしれませんね。

イチから技術を磨くことも、
磨いたスキルをさらに発展させることも可能

エームサービスがメインとするのは給食事業ですが、それ以外にもさまざまな営業形態を持っており、それらは今後も拡大していくはずです。エームサービスに入社をすれば、どこの部署に配属されても、料理のいろはを一通り覚えることができます。そうしてスキルを身に付けた後で、自分の進みたい道を改めて考えることもできるのです。通常のレストランやホテルなどには、ここまでの懐の深さはありません。海外事業にも積極的な会社ですから、グローバルに活躍できる機会もあるかもしれません。自分自身が思うままに、自由にキャリアを積み重ねていくことができるのです。

世界トップ
アスリート
の食を支える

岸 伸也
S&E事業部

偶然の出会いから、
一生涯を懸ける価値のある仕事が始まる

少々お恥ずかしい話でもあるのですが、当時の私は決して勉強ができる子どもではなく、「どうせなら物をつくる仕事をしよう。それなら大工か調理師だ」というぐらい単純な理由で進路を考えていました。そんなとき、父親の友人が有名なシェフの知り合いで、そのつながりから調理師として歩む道が拓けたんです。正直、事前知識やスキルは何もない状態からのスタートでしたから、相当苦労もしました。でも、やればやるほど調理の仕事のおもしろさに気付き、ここで投げ出したくないという気持ちも強くなっていったんです。

修行のつもりで入った会社。
そこで出会った唯一無二のやりがい

エームサービスに入ったのは本当に偶然でした。ちょうど独立して、自分の店を持とうかと考えていたときに、当社の求人を見つけたんです。独立まで、腕をなまらせてしまうのも良くないと思っていましたから、準備期間としてしばらくの間働いてみるか、という軽い気持ちからのスタートでした。そのとき、新規開設した店舗のオープニングスタッフを任されたのですが、本当に目が回るような忙しさで、とにかくがむしゃらに走り抜けましたね。そうして働きながら、この会社で働く人たちの魅力や、この会社が行う事業の意義を、感じ取っていったんです。

トップアスリートの食を支え、守り抜く仕事

現在は味の素ナショナルトレーニングセンター内の選手専用食堂で、日本を代表するトップアスリートたちに食事を提供する仕事に従事しています。この職場に来て10年、プロダクションチーフとなってからはちょうど3年が経過したところです。ここでは、アスリートたちの身体づくりを支える栄養価の高い食事を届けることはもちろん、徹底した安全衛生管理のもとで万が一の事故も許されません。ドーピング問題などにも注意をしなければなりませんから、使う食材の成分や種類に関しても常に目を光らせています。プレッシャーの掛かる仕事ではありますが、その分やりがいも大きいです。選手たちの成長を身近に感じながら、その活躍を陰から支える。ある意味自分自身もチームの一員として緊張感を持って仕事に取り組んでいます。とはいえ、普段厳しいトレーニングを積んでいるアスリートたちが、唯一リラックスできる場所ですから、楽しんで食事をとってもらえるよう心がけています。

努力が報われる瞬間は必ず来る。
可能性に溢れた会社

国際総合競技大会等が終わると、アスリートたちがわざわざ私のところにメダルを持って報告に来てくれるんです。そんなとき、私も心からのおめでとうを言いながら、「自分がやってきたことに間違いはなかったんだ」と実感しますね。こんな機会を与えてくれた会社に、心から感謝したいとも思います。エームサービスは従業員一人ひとりの特性や話を聞きながら、大切に育ててくれる会社です。私の経験も、数あるキャリアの中の一パターンに過ぎません。調理師を目指す方には、ぜひ自分なりのビジョンを明確に持って、それに向けたチャレンジを積極的にしていっていただきたいですね。もちろん大変なこともたくさんありますが、積み上げたスキルは、必ずあなたの一生の財産になるはずです。