潰瘍性大腸炎・クローン病患者様のために

CSR

日本では約21万人の方々がIBD(Inflammatory Bowel Disease=炎症性腸疾患)と呼ばれる難病に向き合っていらっしゃいます。IBDとは、潰瘍性大腸炎※1やクローン病※2などの総称で、腸内の炎症によって引き起こされるびらんや潰瘍により腹痛や下痢、血便などの症状を伴う難治性の疾患です。油脂や繊維質などが原因で症状が悪化することも多く、患者様とそのご家族は食品の成分に細心の注意を払いながら日々の食事管理に心を砕いていらっしゃいます。
エームサービスは、IBDの患者様とそのご家族の負担を少しでも減らし、毎日の生活をより楽しんでいただくために、1995年、IBDの患者様むけのレトルト食品「まんぞく君」を開発。今後も「食」を提供する会社ならではの社会貢献の形を考えていきます。

手軽に利用できるレトルト・インスタント食品

まんぞく君で毎日の食卓に彩りを

ノンフライ・無かんすいのしょうゆラーメン

粒状大豆たんぱくを使ったビーンズミートソース

※1:潰瘍性大腸炎 (Ulcerative Colitis)
20歳代を中心とした若年者に好発し、大腸に慢性的な炎症が生じ潰瘍ができ、血便、粘液便、下痢や腹痛などが良くなったり(寛解)、悪くなったり(再燃)を慢性的に繰り返す大腸の炎症性疾患。

※2:クローン病
主に10~20歳代の若年で発症し、消化管に縦走潰瘍(腸管の縦軸方向に長く深い潰瘍 )あるいは敷石を敷いたような潰瘍ができたり、粘膜の腫れや狭窄(炎症を繰り返すことによって内腔面が狭くなる)を起こす炎症性腸疾患。

開発の経緯

1995年、東京都内の病院に入院中だったIBD患者様から「退院後に気軽に食べられる低脂肪・低残渣の商品があったらなぁ」との声が寄せられました。
そのことがきっかけとなり、クローン病・潰瘍性大腸炎の患者会の皆様と一緒に商品化したのが「まんぞく君」です。

商品の特徴

  • 大豆たんぱく※を使用し、脂肪と不溶性食物繊維を控えています。
  • レトルトパウチ食品なので、保管や持ち運びに便利です。
  • 調理済のため、そのまま温めてすぐ食べられます。

※大豆たんぱく
大豆たんぱくは、大豆から大豆油を抽出した後の脱脂大豆の皮を取り除き、粉砕したものです。低脂肪で良質のたんぱく質含み、製法や構造により、粉末状、粒状、繊維状に分類されますが、まんぞく君では腸に負荷の少ない粉末状か粒状のものを使用しています。

推薦のことば

クオリティ オブ ライフ(生活の質)は食事から

炎症性腸疾患の食事療法を必要とする患者さんやご家族の方は、毎日の献立と、食事づくりにお困りになっているのではないでしょうか?
私たちは食物を摂取して体を作っていますから、どんなものをどのようにしてどのくらい食べるのかによって、体は違ってきます。食事・栄養は生きていく上でとても大切なものです。
しかし、日常生活の中で大切なものは食事だけではないはずです。食事づくりのことだけで時間を取られていたら、人生がもったいないと思います。時にはまんぞく君のように簡単に準備できる食品で息抜きをしましょう。また、体調が悪化したときや、災害の備えとしてもご利用ください。こうした安全安心な食品を備蓄していることがこころの余裕につながります。
まんぞく君が、少しでも食卓を豊かに、そして患者さんと家族とのだんらん、友人や恋人などの大切な人々との交友関係を深めることにお手伝いできれば幸いです。毎日の食事が楽しく豊かに、そして食事療法を長続きさせて、より良い状態が持続できるよう切に願います。
まんぞく君は低脂肪、低残渣食で、食材にも細心の注意を払って作られていて、いつの間にか約25年が経ち、ロングセラー商品になりました。炎症性腸疾患の患者さんに愛されて、そして皆さんの体調維持にきっと役立ってきたのではないかと思います。今後もまんぞく君をよろしくお願いします。

東京医科歯科大学医学部附属病院 臨床栄養部
副部長 管理栄養士 斎藤恵子

動画を終了する