2020年

NEWS

2020/02/28

お知らせ

新ブランド「WORKPLACE COFFEE(ワークプレイスコーヒー)®」の展開を開始

3点並び_191119_1.jpg

 当社は2020年2月25日より、オフィス専用ドリップコーヒーの新ブランド「WORKPLACE COFFEE(ワークプレイスコーヒー)」の販売を開始しました。

 1980年よりオフィスコーヒーサービス事業を開始し、現在は全国に約50,000台のコーヒーマシンやティーサーバーなどを設置。自社焙煎のコーヒー豆や良質な茶葉を加工したティーサーバー用商品を取り揃え、
リラックス効果やコミュニケーションを促進するスペースづくりを提案してまいりました。お客様の声に日々耳を傾けるなかで、「仲間が集う場所や時間をつくりたい」との思いから、本ブランドの立ち上げに至りました。

【仲間が集うマグネットスポットに】
 本ブランドのコンセプトは「仲間とシェアするコーヒー」です。淹れたてのコーヒーの周りに人が集い、コミュニケーション空間として発展していく。そのような空間づくりをお手伝いすると同時に、環境にも配慮した商品の開発を行いました。専用コーヒーメーカーは一度に5~6杯分を抽出することができるので、1杯ずつ準備する手間が省け、本格的なコーヒーを手軽にお楽しみいただけます。

【オリジナルコーヒーメーカー「a style」を開発】
 古きよき日本の喫茶店の影響を受けているサードウェーブコーヒーのように、従来のオフィスコーヒーの概念を変え、バリスタがハンドドリップで入れた味わいをお客様のワークプレイスで楽しんでいただけるよう、円錐型ドリッパーを採用したオリジナルのコーヒーメーカー「a style」を開発しました。従来のコーヒーメーカーよりもすっきりとした味わいのコーヒーを抽出できるのが特徴です。
※本機はレンタルのみの取り扱いになります図10.png【コーヒー豆のラインナップ】
専属の珈琲鑑定士が生豆を厳選。レインフォレスト・アライアンス認証農園で生産されたコーヒー豆を使用し、持続可能性に配慮した安全安心な調達に努めています。

図6.png図7.png図9.png【ご注文について】
1箱(45gパック9袋入り)×3箱からご注文可能
詳しくはオフィスドリンクサービスポータルサイトをご覧ください。


【レインフォレスト・アライアンスとは】
 1987年より世界の森林保護のために農業・林業への認証を通して、野生生物の保護のみならず、森林地域の労働者と地域共同体の権利や社会的境遇を守るために活動している団体です。厳しい基準を満たした農園などに与えられる認証で、環境・社会・経済面の持続可能性を義務付けた基準に準拠されたことを意味します。

 当社は20195月に100%子会社であるグリーンサービス株式会社の千葉工場においてレインフォレスト・アライアンスChain Of Custody認証を取得しました。これによりレインフォレスト・アライアンス認証を受けた農園からのコーヒー豆が、「生産・流通・加工」の過程において自社焙煎工場で適切に管理され、消費者へ確実に届く仕組みを確立いたしました。

当社リリースはこちら.pdf

本件に関する問い合わせ先

エームサービス株式会社 企画業務部
早川 聡
電話:03-6234-7522
お問い合わせはこちら

動画を終了する