CASE

事例紹介 - オフィス・工場

導入先:国内系メーカー様

多彩な食と多目的に使える空間で
社員の健康管理とコミュニケーションをサポート。

事業 住宅設備機器等の製造
規模 営業・事務系社員を中心に約1,100名が勤務
所在地 東京都
サービス対象者 40代前半を中心とした社員
(男女比6:4)

課題・ご要望

  • 社員が集まってコミュニケーションが生まれる空間にしたい
  • 手頃な価格で、おいしさ、選ぶ楽しさも実現したい
  • メニューのマンネリ化による利用率の低下を防ぎたい
  • 社員の健康管理にも役立てたい

ご提案

食堂を新設するこちらのオフィスは、約800名が常時在館し、全国各地から従業員が訪れるという特徴があったため、社員の健康に配慮するとともに、業務で活用できる場として、さらにはコミュニケーションにも役立つ空間となるように提案しました。

01コミュニケーションの場の創造

食事だけでなく多目的に利用できる空間を追求し、食堂にカフェを併設するほか、さまざまなタイプの座席を提案。お客様との商談にも利用できる落ち着いたタイプや、周りに声が聞こえにくいボックスタイプなど、用途に応じて使い分けることができます。また、夜も気軽に立ち寄れる社員交流の場として活用していただくために、お手頃価格でお酒やお食事を楽しめる社員クラブを設置、併せて懇親会としての利用などもご提案しました。

多目的に使える開放的な空間

食堂に併設したカフェ

焼き立てパンや淹れたてのコーヒーをご提供

02価格・おいしさ・楽しさの追求

近隣の飲食店をリサーチした上で、ご利用者様の男女比や客層に合わせたメニューをラインアップ。加えて、ご当地もの・外部ブランドとのコラボメニューなどのイベントを実施。素材や産地にこだわった食材を用いて、お得感のある食事を提供しています。

ランチメニュー(一例)

健康に配慮したヘルシー・ナビ® メニュー(一例)

03ご利用者様の健康をサポートするデリのバイキング

さまざまな嗜好のご利用者様に適した健康サポートができるよう、バイキングスタイルのデリを提案。食べたいものを自由に選びながらも、多品目で偏りがない食事をとることができます。プライスカードやメニュー表には栄養価を表示することで、健康への意識を高める食堂を目指しています。5色の野菜を彩りよく取り入れた「カラフルデリ®」、骨強度などの測定を行い、適したメニューを提案し栄養アドバイスをする「ヘルシー・ナビ® 」や、当社栄養士が講師となって社員に栄養教室を開催するなど、健康や日頃の食生活について考えていただけるイベントも実施しています。

日替わりの惣菜が並ぶデリのバイキング

カラフルデリ®

ヘルシー・ナビ® (ストレス測定)

04利便性にも優れた食堂運営

いつでも気持ちよく利用できるよう、混雑緩和策として食堂のシフト制への対応や弁当販売、カフェでの食事提供を提案。他にも、会議弁当、コーヒー、軽食などのデリバリーにも対応し、社内の飲食に関するさまざまなニーズを満たす工夫をしています。

導入効果

クライアント様のご要望に応え、かつ機能性とイベント性に富んだ食堂運営で、1日約600食を提供し、社員利用率7~8割という高い水準を維持しています。多くの食材を用いたデリを1グラム単位で購入できる「グラムバイキング」、測定結果に合わせて栄養アドバイスをする「ヘルシー・ナビ® 」などが健康意識の向上に役立っています。また、社員参加型イベント「男性のためのおにぎらず教室」や食堂を利用した「ご当地フェア」「おとなの食育プロジェクト」、夜のカフェを利用したイベントなどは、社員同士がコミュニケーションを図るよい機会になっています。さらに、懇親会や社内イベントの会場としてもご活用いただいています。

多くのご利用者様でにぎわうランチタイム

自治体とのコラボイベント

男性のためのおにぎらず教室

お客様の声

おいしい料理は社外のお客様からも好評です。
また、エームサービスさんは、要望に沿った提案をしてくれますので、健康管理やコミュニケーション活性化といった当社の課題解決に向けて協力いただいています。特に、スタッフの方々の元気で感じの良い対応のおかげで、当社従業員にとって食堂やカフェがコミュニケーションの場となっています。

企画ご担当者様

動画を終了する