「仙台うみの杜水族館」オープンと、地域とともに歩む活動

経済 2015.08.07

全国約1,400ヶ所の事業所でフード&サポートサービスを展開するエームサービス株式会社 (東京都港区/代表取締役社長 山村俊夫、以下:エームサービス)は、仙台水族館開発株式会社が宮城県仙台市に所有する「仙台うみの杜水族館(以下:同水族館)」における飲食・物販部門の運営業務を受託し、2015年7月1日にオープンしました。

エームサービスはこれまでも東北の復興へ向け力を注いでまいりましたが、同水族館のオープンを更なる気運とし、東北地方で採れた豊かな食材が持つ魅力の探究、加工・流通の工夫改善、ニーズに基づいた魅力的なメニュー開発、全国の受託先での調理・提供等により、エームサービス全社の力で、地域経済の活性化や雇用促進など復興へ向け、地域の皆さまとともに歩んでまいります。

飲食店舗の地域と共に歩む活動

100種超のフード&ビバレッジを揃え、地元食材を活かしたメニューも多数展開しています。

「ふかひれミルクカレー、シャーク&チップス、さばサバ塩らぁめん、三陸産コロコロいくら丼」など地元食材を活かしたメニューは、オープン後一カ月で約23,000食を販売いたしました。

物販店舗の地域と共に歩む活動

約1,500種の販売アイテムを取り扱っており、オリジナル商品がその約半数を占めています。

「塩カステラ、いるかのおっぱい、モーリー笹かまぼこ、ずんだクリーム大福、こけし三姉妹」など地元企業様との主なコラボ商品は、オープン後一カ月 で約10,000点を販売いたしました。

人財について

水族館の飲食・物販店舗に勤める約90名のスタッフうち9割以上を現地で採用し、日々お客様に喜んでいただけるようサービスを提供しています。

エームサービス全国での取り組み

エームサービスが三陸産食材を使用し開発したメニューは、全国の給食受託施設等において、2015年7月末迄の6カ月で、約80,000食を提供しています。

三陸産食材使用量

イクラ 952kg
メカブ 812kg
まぐろ 515kg
ふかひれ 450kg
わかめ 848kg
合計 約3.6t

仙台うみの杜水族館 概要

所在地 宮城県仙台市宮城野区中野4丁目6番地
所有者 仙台水族館開発株式会社
施設概要 延床面積9,900㎡
総水量 3,000t
水槽 約100基

仙台うみの杜水族館内、飲食・物販施設

本件に関する問い合わせ先

エームサービス株式会社 企画業務部 堀 容子
電話:03-6234-7522

お問い合わせはこちら

ニュース一覧へ戻る