仙台うみの杜水族館の隣接地で「さくら植樹式」を開催

経済 2017.03.08

エームサービスは、創立40周年記念事業のひとつとして 仙台うみの杜水族館 隣接地に15本のさくらを植樹。それに伴い、関係者の皆様にご列席頂き、植樹式を開催しました。

エームサービスは2016年度に創立から40周年を迎え、これまでお世話になってきた多くのお客様、パートナー、地域社会、従業員へ感謝を伝える記念事業を展開。事業の展開で知り得た、東日本大震災の津波を後世に伝承する目的で被災地へさくらの植樹を行っている「さくら並木プロジェクト(※)/NPO法人さくら並木ネットワークNPOの活動に共感し賛同することと致しました。

また、植樹地選定においては、2015年7月1日のオープン以来、飲食・物販部門の運営業務を受託している「仙台うみの杜水族館(以下:同水族館)」が"復興を象徴する水族館"として地域の皆さまとともに歩むというコンセプトを掲げていることから、植樹地として相応しい考え、40本中15本を同隣接地に植樹。毎年さくらが開花する春に思いを浮かべ、後世へ津波を伝承するNPOの活動に協力していくものです。

さくら植樹式の概要

  • 日時 2017年3月5日(日) 10:30~11:00
  • 会場 仙台うみの杜水族館 隣接地 (宮城県仙台市宮城野区中野4丁目6番地)
  • 植樹式の様子

※さくら並木プロジェクト概要

  • 主催法人
    NPO法人さくら並木ネットワーク(東京都世田谷区)
  • 活動概要
    2011年の津波到達地への桜並木植樹を通じて、100年後の未来まで大津波の惨事を風化する
    ことなく伝承し、咲き誇る桜が、犠牲になられた方々への鎮魂と、将来津波が発生した際に避難
    の目安となることで1人でも多くの命を守ること、さらに植樹事業等による被災地の経済復興支援
    を行うことを目的として活動しています。
本件に関する問い合わせ先

エームサービス株式会社 企画業務部 堀 容子
電話:03-6234-7522

お問い合わせはこちら

ニュース一覧へ戻る