農福連携野菜を使った料理でイベントを開催

人権 2019.07.04

エームサービスは、6月3日~16日まで、受託運営するレストランAmi(神奈川県/横浜市 ウィリング横浜内)で、農林水産省等が推進する「農福連携」で生産された野菜を使った料理を提供しました。

農福連携とは、農業、福祉が抱えるさまざまな課題を解決するため、
障がい者等が農作物などのさまざまな生産活動に従事することにより、働く場所の確保や心身の機能回復を目指すと共に、農業側にとっては農業労働力の確保や農地の有効利用によって、地域農林水産業を維持するなど、持続可能で共生社会の実現に向けた取り組みです。

当社は"「食」から日本の未来を支えます"のスローガンのもと、安全・安心で魅力あふれる食の提供、そして地域や生産者への貢献を目指してまいります。

6月3日~6月16日イベントの内容

提供メニュー

新タマネギとほうれん草のナポリタン風パスタ
~ノウフク野菜をふんだんに使ったサラダセット~

イベントで使用したノウフク野菜

  • サラダほうれん草
  • 新タマネギ
  • ルッコラ
  • スイスチャード
  • 赤からし菜
  • ケール

イベントの様子

宴会料理にもノウフク野菜を使用しました。

一般社団法人 日本農福連携協会

一般財団法人 日本農福連携協会が主体となり、農福連携に共感する生産者、事業所、企業、団体、行政、消費者など様々な立場で参画した方のそれぞれの取り組みは「ノウフクプロジェクト」として効果的に連動するようにデザインされており、「ノウフクマルシェ」や「ノウフクサミット」を全国各地で開催しています。

本件に関する問い合わせ先

エームサービス株式会社 企画業務部 堀 容子
電話:03-6234-7522

お問い合わせはこちら

ニュース一覧へ戻る