家ごはんを応援! レシピ本『1日130万食!を支える栄養士のおうちごはん』を活用したメニューを提供

労働 2021.06.03

昨年の4月に料理研究家 浜内千波先生との共著となるレシピ本『1日130万食!を支える栄養士のおうちごはん』を全国の書店で発売してから1年が経ちました。

家で食事をする機会が増える中、当社の栄養士55名が考案した健康な食事や社員食堂の人気メニューのレシピを、手軽に作れるようにアレンジした本著は大変好評をいただいています。

当社の事業所では、制作に参加した栄養士・管理栄養士が、自身が考案したメニューを実際に社員食堂で提供したり、病院や福祉施設ではイベント食として取り入れたりと、現場の栄養士・管理栄養士、調理師が主体となり、さまざまな形でレシピ本を活用しています。

今回、その取り組みをご紹介します。

ゲストダイエティシャンイベントとして、メニューを考案した管理栄養士が事業所を巡回し、栄養面やレシピのポイントを

お客様にアドバイス(九州北事業部)

専用の販促物を用意し、現場の栄養士・管理栄養士が主役のイベントを開催

調理師プロジェクトを通して事業部内の20事業所でメニューを展開し、病院や福祉施設の患者様やご利用者様に提供(中国事業部)

当社は、これらの取り組みを通して掲載メニューを実際に召し上がっていただき、健康な食事や料理をより身近に感じていただくことで、お客様・患者様の"おうちごはん"の一助になることを目指しています。

『1日130万食!を支える栄養士のおうちごはん』について

当社の栄養士・管理栄養士が参加し、メニューの共同開発などを一緒に行ってきた浜内千波先生との共著として2020年4月20日発行(辰巳出版株式会社)。実際に社員食堂や病院などで提供しているメニューの中から、人気のメニューや健康な食事を厳選したレシピ集。すべてのレシピに考案者の栄養士からのワンポイントアドバイスが掲載されているほか、健康に資する要素を含む栄養バランスのとれた食事の通称である「スマートミール」の基準を満たしたメニューのレシピや評判の社員食堂のルポなども掲載し、「おいしさと健康」に関する情報に加えて、普段はなかなか入ることができない給食現場の「今」を知ることができる一冊。

本件に関する問い合わせ先

エームサービス株式会社 企画業務部 堀 容子
電話:03-6234-7522

お問い合わせはこちら

ニュース一覧へ戻る