「AIM CHEFS’ CUP (エームシェフズカップ)2022」ファイナル戦で優勝者を決定

トピックス 2022.12.23
表彰式の様子

全国の企業・研修所、病院・社会福祉施設、スポーツ関連施設等で給食事業を展開し、グループで約3,900カ所において1日約130万食を提供するエームサービス株式会社(東京都港区、小谷 周)は、2022年11月30日(水)に社員の料理の創作力と調理技術を競う「AIM CHEFS’CUP 2022」のファイナル戦(決勝)を開催し、優勝シェフ1名を決定しました。

本コンテストの優勝者は、当社の親会社である米国最大手のサービスマネジメント会社Aramark社のインターナショナル部門が世界各国のグループ会社から集まるシェフの頂点を決めるために来春開催する「Aramark Chefs’ Cup 2023」(南米チリ、 サンティアゴ)に派遣される予定です。

ファイナル戦結果

優  勝 : 松原 良典(まつばら よしのり)シェフ
準優勝  : 三浦 貴久(みうら たかひさ)シェフ

ファイナル戦では、セミファイナル戦で勝ち上がったシェフ2名が前菜・メイン・デザート(3皿)の調理から盛り付けまでを約4時間の制限時間内で完成。それぞれのシェフの料理について、当社社長をはじめとする6名の審査員が厳正な審査を行い、僅差で松原良典シェフの優勝が決定しました。

(左):松原シェフ・(右):三浦原シェフ
(左):優勝の松原シェフ・(右):準優勝の三浦シェフ
最終審査の様子
最終審査の様子
優勝した松原シェフの料理
松原シェフが作った料理
表彰式での一枚(左から小谷社長・折登シェフ・松原シェフ・山田取締役)
表彰式での一枚

当社は、本コンテストの開催を通じて社員の調理技術の向上やモチベーションアップ、参加者を全社で応援することで生まれる一体感の醸成などを目指しています。また、その良い効果を日々のお客様へのサービスの向上につなげていくとともに、チリの本戦では、各国から集まるシェフの中で、当社の人材力と培われた調理技能の高さをアピールしてまいります。

本件に関する問い合わせ先

エームサービス株式会社 企画業務部 堀 容子
電話:03-6234-7522

お問い合わせはこちら

ニュース一覧へ戻る