給食業界初!地球にやさしく丸ごとおいしい陸上養殖された「幸えび」を採用

環境 2023.02.02

2022年12月より全国の食堂施設でメニュー展開を開始

幸えびの販促物

当社は、環境に配慮し陸上養殖された「幸えび」を給食業界で初めて採用し、2022年12月より、受託運営するオフィス・工場、学校などの食堂施設で同食材を使ったメニューの提供を開始しました。

「幸えび」は、関西電力株式会社とIMTエンジニアリング株式会社の共同出資により設立された「海幸ゆきのや合同会社」が生産する国産バナメイエビです。完全閉鎖循環式の環境で、抗生物質や保存剤などの薬品を一切使わず陸上養殖するため環境にやさしいのが特徴です。また、収穫後すぐに活〆し瞬間凍結などの工程を経て生産されるため、加熱すると頭から尻尾まで殻も丸ごと食べられ、食品ロスの削減にもつながります。

社会全体では持続可能性に配慮した取り組みが加速し、食堂施設を設ける企業・団体様においては食堂を基点としたSDGs推進のニーズが高まっています。当社はサステナブルな食材の一つとして「幸えび」の使用の検討を開始し、2021年より西日本エリアの食堂施設でトライアルを実施。香り豊かで殻も丸ごと食べられる「幸えび」は大変好評であったため、この度の採用に至りました。

これからも、お客様と共にサステナブルな活動に挑戦し、持続可能な社会の実現に努めるとともに、安全安心な「食」を提供してまいります。

これまでの提供事例

1月11日~13日の3日間、株式会社リコー様(東京都大田区)の本社食堂で、「幸えび」を使ったかき揚げやエビフライ、天丼を提供。喫食いただいたお客様からは「殻まで食べられるの?」「ボリュームがありおいしかった」などのコメントをいただき、好評を得ました。

幸えびふらいタルタルソースの写真
1月12日に提供した幸えびふらい タルタルソース
2023年1月12日 幸えびふらいタルタルソースの提供の様子
提供の様子

その他のメニュー例

幸えびふらいタルタルソースの写真
幸えびと野菜の天丼
幸えびの香草焼きとチキンハニーマスタードの写真
幸えびの香草焼きとチキンハニーマスタード
濃厚えび野菜味噌ラーメン 幸えびのせの写真
濃厚えび野菜味噌ラーメン 幸えびのせ
本件に関する問い合わせ先

エームサービス株式会社 企画業務部 堀 容子
電話:03-6234-7522

お問い合わせはこちら

ニュース一覧へ戻る