第9期ダイヤモンドアスリートに向けた栄養セミナーを開催

スポーツ 2023.04.05

2月27日、公益財団法人日本陸上競技連盟が認定する「第9期ダイヤモンドアスリート」を対象にした栄養セミナーを、当社本社内のプレゼンテーションルームで開催しました。

本セミナーは、国際的な競技大会での活躍が期待される次世代の競技者に選ばれた選手たちが、「さまざまな食環境において食生活を自己管理できるようになること」を目指し開いたものです。

当社管理栄養士・公認スポーツ栄養士による「自炊のポイント(栄養バランスの整え方、自分に必要な食事量、時短簡単ポイント)」についての講話と、メニューの考案から実際の調理までを行う実習の2部構成で行いました。

実習のテーマは、「練習からの帰宅後でも簡単に作れる夕食~魚編~」。使用する魚で鮭チームと鰤チームの2手に分かれ、途中で調理師のサポートを仰ぎながらも、選手たち自らがバランスの良いメニューの構成や時短につながる調理方法を考え、調理しました。

両チーム納得のいく夕食が完成し、終始笑顔があふれる充実したプログラムになりました。

今後も「食」を通じた実践的なスポーツ栄養サポートプログラムの構築に取り組み、スポーツ界の将来を担うアスリートの支援に努めてまいります。

食事の基本についての講話
食事の基本についての講話
鰤を使ったメニューを考案中
鰤を使ったメニューを考案中
鮭チームの完成料理(サーモンフライ)
鮭チームの完成料理(サーモンフライ)
鰤チームの完成料理(ブリの照り焼き)
鰤チームの完成料理(ぶりの照り焼き)
参加した5名のダイヤモンドアスリートと当社管理栄養士・調理師による集合写真
参加した5名のダイヤモンドアスリートと当社管理栄養士・調理師

ダイヤモンドアスリート 栄養実践研修ダイジェスト動画

ダイヤモンドアスリートについて
公益財団法人日本陸上競技連盟が2015年より開始した制度。主要国際大会に向けて、将来トップアスリートとなることが期待される競技者を認定。ダイヤモンドアスリートプログラムは認定された競技者が、中長期的にパフォーマンス向上を達成し、国際大会においてメダルを獲得することを目指しています。また、競技力の向上のみならず、豊かな人間性を持つ国際人となり、将来的に国内外におけるスポーツ界の発展に寄与する人材育成を目的としています。

当社におけるスポーツ栄養サポート関連業務受託について
実業団から学校の運動部まで、約60の企業や団体を中心に幅広い層のアスリートに「食」を提供する当社は、2016年より、同連盟が認定する「ダイヤモンドアスリート」へのスポーツ栄養サポート関連業務を受託。選手があらゆる食環境で自身の食生活を管理できるようになることを目指した実績的なプログラムの構築に取り組んでいます。

本件に関する問い合わせ先

エームサービス株式会社 企画業務部 堀 容子
電話:03-6234-7522

お問い合わせはこちら

ニュース一覧へ戻る