フィギュアスケート佐藤駿選手と所属契約を締結しました

スポーツ 2023.09.01

全国でフードサービスを展開するエームサービス株式会社(東京都港区、代表取締役社長 小谷 周)は、202391日付けでフィギュアスケート男子シングルの佐藤 駿(さとう しゅん)選手と所属契約を締結しましたので、お知らせいたします。

仙台市出身で5歳からスケートを始めた佐藤選手は、ノービス時代から数々の好成績を収め、2019年のジュニアグランプリファイナルで優勝。2020年よりシニアに転向し、2022-2023年シーズンは、グランプリファイナル出場、四大陸選手権で銅メダルを獲得、国別対抗戦の代表選出、また世界ランキングを9位(20238月付)につける等の躍進を遂げました。20224月より明治大学に在学中で、埼玉県を練習拠点として活動を行っています。

当社は、20207月より佐藤選手へのスポーツ栄養サポート関連業務を受託し、競技に向けたしなやかで強い体づくりを食の面から支えてまいりました。今後は、世界を舞台に活躍する佐藤選手を、当社所属選手として、これまで以上にサポートしてまいります。
※所属表記は「エームサービス/明治大学」となります。

エームサービスの小谷社長とフィギュアスケートの佐藤駿選手による記念撮影

佐藤 駿選手コメント
この度、エームサービスに所属させていただくことになりました。世界で戦っていくために、強靭な身体づくりと怪我をしない食生活を心掛けており、試合前や合宿時を中心にエームサービスのスポーツ栄養サポートを受けてまいりましたが、これからも継続してサポートとご指導をいただきながら目標を目指し、競技活動を支えてくださる方々への感謝の気持ちを忘れずに頑張っていきます。今後とも応援よろしくお願いいたします。

佐藤 駿選手プロフィール

競技中の佐藤駿選手

生年月日:2004年2月6日 出身地:宮城県

5歳の時、アイスリンク仙台にてスケートを始める。2014年から2017年の間に出場した全日本ノービス選手権で4連覇を果たす。2019年、ジュニア世界歴代最高得点でジュニアグランプリファイナル優勝。
2020年よりシニアに参戦。肩の手術から復帰した2022-2023年シーズンはグランプリファイナルに出場、四大陸選手権では銅メダルを獲得し、国別対抗戦の代表に選出。美しい四回転ルッツを武器とする天才ジャンパーは、2026年ミラノ・コルティナオリンピック出場を目指し、日本男子フィギュアスケート界の次世代を担うホープとして注目されている。

ー戦歴/受賞歴ー
2023年 四大陸選手権 3位
2022年 GPファイナル 出場
2022年 GPシリーズ フィンランド大会 2位
2022年 GPシリーズ イギリス大会 3位
2021年 GPシリーズ フランス大会 2位
2021年 アジアンオープントロフィー 2位
2019年 ISUジュニアグランプリファイナル 優勝

エームサービスのスポーツ栄養サポート関連業務

エームサービス所属の公認スポーツ栄養士による佐藤駿選手への栄養面談

当社はスポーツの分野においてスタジアムやトレーニング施設などでの飲食提供に加えて、トップアスリートから実業団、大学の運動部まで、約60の企業や団体、学校において、幅広い層の選手に対するスポーツ栄養サポートを行っています。これまでに培った豊富な経験と知見をもとに、あらゆる環境下で選手自身が食生活を管理できるようになることを目指しています。

管理栄養士・公認スポーツ栄養士が佐藤選手に合わせて、日々の食事チェックや国内外の合宿、重要競技大会、海外転戦時の栄養アドバイスを行っています。

本件に関する問い合わせ先

エームサービス株式会社 企画業務部 堀 容子
電話:03-6234-7522

お問い合わせはこちら

ニュース一覧へ戻る