日本スポーツ栄養学会 第9回大会で口頭発表を行いました

トピックス 2023.10.23

9月9日(土)、10日(日)に開催された「日本スポーツ栄養学会 第9回大会」(龍谷大学)で当社管理栄養士・公認スポーツ栄養士の高橋文子と管理栄養士の遠藤すみれが一般演題・実践活動報告部門において口頭発表を実施しました。

演題

ジュニア男子テニス選手に対する ” 動機付け " に着目した栄養サポート

セミナー時の写真
ジュニア男子選手へのスポーツ栄養セミナーの様子

■発表者コメント(高橋 文子)
2014年より公益財団法人日本テニス協会強化サポート委員会に所属しています。本学会では、同委員会の中で主軸の活動となる「ジュニア男子選手に対する栄養サポート」について、発表を行いました。栄養サポートはただ実施するだけではなく、明確な評価指標を掲げて到達目標を設定し、どうだったのかを評価しなければなりません。日常の会社業務の中で、PDCAサイクルを学べていることが栄養サポート活動においても役立っています。

大学生ボート競技選手に対する大会期間中の食事提供のこころみ

遠藤 すみれ1,2)、御所園 実花1,3)、田口 素子1,3)
1)早稲田大学スポーツ栄養研究所、2)エームサービス株式会社、3)早稲田スポーツ科学学術院

*当社は2013年7月より「早稲田大学スポーツ栄養研究所」に共同研究者として参画。同研究所で積み重ねた活動について発表しました。

(右)遠藤 すみれ、(左)御所園 実花様
【右】遠藤すみれと、【左】御所園実花 助手(早稲田大学)

■発表者コメント(遠藤 すみれ)
早稲田大学スポーツ栄養研究所の招聘研究員として最新のスポーツ栄養の知見を得たことで、当社での給食管理の実務経験をより活かしたスポーツ栄養サポートを実施することができました。発表後の質疑応答では、ポジションの異なる選手への食事調整方法や食材費、献立の工夫点、人員配置などの質問を受け、参加者の実務に対する興味関心の高さが伺えました。今後も積極的に研究活動に取り組み、対象者のニーズに合った栄養サポートを目指してまいります。

本件に関する問い合わせ先

エームサービス株式会社 企画業務部 堀 容子
電話:03-6234-7522

お問い合わせはこちら

ニュース一覧へ戻る