SERVICE

スポーツトレーニング施設/国際競技会・競技スポーツ

世界基準の豊富な実績と高い専門性をもってきめ細やかに対応します。

世界が注目するスポーツイベントや国際会議などにおいて、コンサルティングから運営まで中心的な役割をはたしてきた米国アラマーク社。当社はその確かなノウハウを吸収し、アスリートやVIP、スタッフの食事などを提供しています。

エビデンスに基づいた食事の提供

当社では、よりよい食事が提供できるよう、大学をはじめとする外部の研究機関との連携を積極化させ、エビデンス(科学的な裏づけ)に基づいた食事の提供を目指しています。近年では、アスリートの体とコンディションを整えるスポーツ栄養サポートにおいて、大学機関との取り組みを進めています。

In Focus エームサービスのスポーツ栄養サポート

早稲田大学スポーツ栄養研究所との取り組み

2013年7月、「早稲田大学スポーツ栄養研究所」に共同研究者として参画しました。アスリートのための最新の栄養・食事ガイドラインの策定や、栄養アセスメント・食事管理方法の確立を目指す同研究所により、当社のスポーツ栄養サポートの取り組みをさらに加速するとともに、研究活動を通じて得られた知見を、より質の高い食事の提供や食育活動に生かしています。

「早稲田大学スポーツ栄養研究所」は、アスリートのための最新の栄養・食事ガイドラインの策定を目指した研究を積極的に実施することにより、アスリートに対する栄養アセスメントと食事管理方法を確立し、それらの精度管理に役立つ知見を見出していくことを目的として、2013年4月に発足しました。

早稲田大学スポーツ栄養研究所の概要

発足 2013年4月
研究テーマ アスリートのための最新の栄養・食事ガイドラインの策定
所長 田口 素子
早稲田大学スポーツ科学学術院准教授
(公財)日本陸上競技連盟医事委員
専門分野 スポーツ栄養学
所属学会 日本栄養改善学会、日本体力医学会、日本トレーニング科学会、日本スポーツ栄養研究会、
女性スポーツ医学研究会、ヨーロッパスポーツ科学会議
略歴 企業勤務、国立健康・栄養研究所研究員、国立スポーツ科学センタースポーツ医学研究部研究員、日本女子体育大学准教授を経て現職。
ジュニアからトップレベルまでスポーツ選手及び指導者に対する栄養指導の第一人者。
2012年4月よりエームサービスのスポーツ栄養サポートに関するアドバイザー契約締結

栄養士の教育

当社では、質の高いサービスでアスリートをサポートするために、栄養士間の情報交換会、外部講師による講演やスキルアップセミナーを実施するなど、スポーツ栄養に携わる栄養士の教育体制を整えています。また、「公認スポーツ栄養士」の資格取得を推奨しており、有資格者の在籍数は年々増加しています。

※公認スポーツ栄養士:公益社団法人日本栄養士会および公益財団法人日本スポーツ栄養学会による共同認定の資格。養成講座を受講し、検定に合格したものが、スポーツ栄養の専門家である公認スポーツ栄養士の資格を取得することができる。

栄養士のスキルアップセミナー

アスリートのための食事提供

アスリートの食事は、必要な栄養素を過不足なく摂取できなければなりません。同時に、厳しいトレーニングの合間の楽しみでもあるため、当社では、栄養士と調理師がチームとなってその両方の要件をみたす食事の提供に努めています。
食事内容は、競技内容をはじめ、トレーニングや試合前後の時期に合わせて調整し、選手一人ひとりのコンディションにも配慮するよう必掛けています。

選手のコンディショニングに合わせたメニュー例

トレーニング期

試合期

アスリートへの栄養サポート

アスリートが高いパフォーマンスを発揮するには、「トレーニング」「休養」そして「栄養」のバランスを整えることが必要不可欠です。当社では、社員食堂や医療現場などで培った経験と研究活動で得られた知見を生かし、選手が食を通じてコンディション調整やリカバリーを自身でできるようにサポートしています。
専門知識を持った栄養士が、アスリートやご家族に対して、競技に合わせた体づくりとコンディションニング維持の為のアドバイスや、ご要望により遠征に同行して現地の食事に関するアドバイスを行っています。

アスリートへの栄養サポート

国際競技会などのイベントのトータルコーディネート

アスリートをはじめ、VIP、イベントスタッフなどの食事から、ご要望に応じてイベント全体のコーディネートや選手の宿泊管理までをトータルに承ります。

ご要望に応じてイベントをコーディネート

受託実績

  • 国際競技大会

    第12回アジア競技大会(1994年/広島)
    第6回世界少年野球大会(1995年/岐阜)
    第26回オリンピック夏季競技大会(1996年/アトランタ)※
    第18回オリンピック冬季競技大会(1998年/長野)
    第7回パラリンピック冬季競技大会(1998年/長野)
    第16回コモンウェルス競技大会 (1998年/クアラルンプール)
    第13回アジア競技大会(1998年/バンコク)
    第27回オリンピック夏季競技大会(2000年/シドニー)※
    2002 FIFAワールドカップ日本組織委員会より フードサービス管理業務を受託(2002年/日本)
    第28回オリンピック夏季競技大会(2004年/アテネ)※
    2005年スペシャルオリンピックス冬季世界大会 (2005年/長野)
    2005年FISA世界ボート選手権大会(2005年/岐阜)
    2007年ユニバーサル技能五輪国際大会(2007年/静岡)
    第29回オリンピック夏季競技大会(2008年/北京)※
    第16回アジア競技大会(2010年/広州)※
    第30回オリンピック夏季競技大会(2012年/ロンドン)※
    第22回オリンピック冬季競技大会(2014年/ソチ)

  • トレーニング施設

    Jヴィレッジ(1997年~2011年/福島)
    国立スポーツ科学センター(2008年~/東京)
    味の素ナショナルトレーニングセンター(2008年~/東京)

  • 調理師帯同

    2006 FIFAワールドカップアジア地区一次予選 (2004年/シンガポール、インド、オマーン)
    AFC アジアカップ(2004年/中国)
    2006 FIFAワールドカップアジア地区最終予選 (2005年/イラン、バーレーン、タイ)
    2006 FIFAワールドカップ本大会 (2006年/ドイツ)
    AFC アジアカップ (2007年/インドネシア、マレーシア、タイ、ベトナム)
    2010 FIFAワールドカップ本大会(2010年/南アフリカ)
    AFC アジアカップ(2011年/カタール)

  • 国際会議・EXPO

    APECアジア太平洋経済協力会議(1995年/大阪)
    九州・沖縄サミット(2000年/沖縄)
    愛・地球博(2005年/愛知)

    ※アラマーク社受託業務の運営サポート

動画を終了する