エームサービス×手塚プロダクション 第六弾「ブラック・ジャック」とのコラボメニューが登場!

環境 2023.10.30

エームサービス株式会社は、2022年6月1日より、手塚治虫先生の作品とコラボした「プラントベースフード(*)使用メニュー」を受託運営する全国の社員食堂などで展開しています。

この度、コラボ第六弾として生命と医療をテーマとした「ブラック・ジャック」を表現したメニューを考案しました。

コラボメニューの一例 ©Tezuka Productions

メニューポスター

ブラック・ジャックの黒胡麻ホイコーローセット
ブラック・ホイコーローにピノコのキノコカレーマリネを添えて。豆乳スープはピノコの赤いリボンを連想させるトマトがさっぱりとした酸味をプラス。
メニューポスター

ブラック・ジャックのかき揚げカレーうどん

ブラック・ジャックが大好きなカレーをアレンジ。カレーうどんに大豆そぼろを使い、がっつりかき揚げをのせました!
メニューポスター

ピノコ風 タイカレー

いつでも得意料理のカレーライスを作るピノコ。ソイチキンを使ったタイカレーにチャレンジしました。

提供事例

医療現場で活躍される職員の皆様の心と体のリフレッシュにつながり、楽しくプラントベースフードを知る・試すきっかけになるよう、10月に社会福祉法人三井記念病院様の職員食堂で「ブラック・ジャックのかき揚げカレーうどん」を提供しました。
コラボメニューは見た目で味を想像しやすいことからお客様に好評で、また、イベントを通してお客様やお客様同士のコミュニケーションにつながっています。

ブラック・ジャックのかき揚げカレーうどん
大豆そぼろ入り ブラック・ジャックのかき揚げカレーうどん
提供の様子
提供の様子

当社と手塚プロダクションの取り組みについて

手塚治虫先生は作品の中で、自然や他の生物との共生、環境問題、地球の未来、科学のありかたなど、現在SDGsとして挙げられているテーマをたくさん描いています。当社は、その世界観を表現したメニューを通じてプラントベースフードを試すきっかけを作り、人々の健康や環境保護、そして地球の未来について、お客様と共においしく楽しく考える機会を提供してまいります。

(*)プラントベースフードは植物由来、または、その殆ど大部分が植物由来原材料から作られた食品であり、畜産物や水産物に似せて作られていることが特徴です。

本件に関する問い合わせ先

エームサービス株式会社 企画業務部 堀 容子
電話:03-6234-7522

お問い合わせはこちら

ニュース一覧へ戻る