CASE

事例紹介 - 病院/高齢者施設

導入先:病院様

スムーズな業務移管とサービスの向上を実現。

事業 大学病院
規模 厨房業務として、平均700食を朝・昼・夕の3食提供(365日稼働)
所在地 東京都
サービス対象者 小児を含む外来及び入院患者全般

課題・ご要望

  • 厨房を含む病院の移転に際し、新施設で混乱することのない食事の提供
  • 新たに導入する新調理システムへの対応

ご提案

施設移転を機に厨房業務を外部委託する同病院に対し、円滑な移行ができるよう、サービス提供・新調理システムへの対応・人員それぞれの面からきめ細かな準備・移行計画を提案し、実行しました。

01段階的な委託によるスムーズな業務移管

当社スタッフが移転前から厨房業務に参加して現職員様と協働し、移転および新調理システムの導入に向けて準備しました。業務を通して運営内容や院内ルールを確認したことで、移転後も安定した運営を継続しています。

02入念な準備と事前研修を経て新調理システムを導入

新規厨房にて新たに導入する新調理システムは、1年弱の時間をかけてマニュアルの整備と研修を行いました。現場従業員の知識と技術を定着させることにより、円滑な導入を実現しました。

03サービスの継続的な向上を図る定例ミーティング

移行完了後にも、クライアント様と課題を共有・改善することを目的として週1回の定例ミーティングを実施。事業所スタッフに加え、時には当社事業部長や地区支配人が同席し、事業所のみならず事業部全体で情報共有することで、サービスの向上につなげています。

定例ミーティング

導入効果

01食事のバリエーション拡大による患者様の満足度向上

新調理システムの導入によって業務が効率化されたことから、患者様が献立を選べる選択食の提供回数を増やして、個別対応の充実が可能になりました。常食に比べて制限の多い特別食にも選択食を導入したことで、患者様の満足度向上につながっています。
また、クライアント様のご協力のもと、患者様に楽しんでもらえる行事食やイベント食も提供し、季節感とバラエティが増したことで好評をいただいています。イベント食には、事業所スタッフが描いたイラスト入りのカードを添えており、クリスマスには、「かわいらしい手作りのクリスマスカードですね。ありがとうございました!!!」とのご感想もいただきました。

昼食常食(一例)

夕食VIP 食(一例)

イベント食に添える手描きのイラスト入りのカード
(12月はクリスマスカードをご用意)

02定例ミーティングの共有

定例ミーティングの内容を従業員に共有することで、患者様そしてクライアント様へ提供するサービスの向上に努めています。共有された注意事項やご要望に応えるために、スタッフ同士で作業前に打ち合わせを実施して当日の業務を把握。この取り組みによりチームワークが形成され、食事を毎食定時にお届けすることにもつながっています。

熟練したスタッフ間の連携の下、スムーズな業務を実現

お客様の声

エームサービスさんが他社と大きく違う点は、人事管理です。従業員の採用や勤怠管理がしっかりしているので、日々の業務に欠員がないこと、そして長く勤務する方が多いことにチームとして働いているという団結力を感じます。
また、こちらから伝達したことが実施できている点や、当院の従業員としての気持ちをもって勤務している点で、良きパートナーだと思っています。

栄養部 課長様

動画を終了する